遺影、夏空に近く 横田丈実監督作品 見上げれば あなたと 暮らしている遺影、夏空に近く 横田丈実監督作品 見上げれば あなたと 暮らしている遺影、夏空に近く 横田丈実監督作品 見上げれば あなたと 暮らしている

見上げればあなたと暮らしている見上げればあなたと暮らしている

遺影、夏空に近く

監督 横田丈実 撮影 横山健二 録音 横田敬子 音楽 島田篤 宣伝美術 林田全弘 web制作 サトリデザイン 出演 斑鳩町のみなさん ドキュメンタリー / 2017年 / 53分監督 横田丈実 撮影 横山健二 録音 横田敬子 音楽 島田篤 宣伝美術 林田全弘 web制作 サトリデザイン 出演 斑鳩町のみなさん ドキュメンタリー / 2017年 / 53分監督 横田丈実 撮影 横山健二 録音 横田敬子 音楽 島田篤 宣伝美術 林田全弘 web制作 サトリデザイン 出演 斑鳩町のみなさん ドキュメンタリー / 2017年 / 53分

この映画についてこの映画について

切なくて、なんだか微笑ましい 「遺影写真」を巡る ひと夏のドキュメンタリー。切なくて、なんだか微笑ましい 「遺影写真」を巡る ひと夏のドキュメンタリー。

切なくて、なんだか微笑ましい 「遺影写真」を巡る  ひと夏のドキュメンタリー。

季節は夏。舞台となるのは奈良県「いかるがの里」。世界文化遺産 法隆寺のある町です。
「遺影写真」を巡る、この一風変わったドキュメンタリーを作ったのは いかるがの里に暮らすお坊さん、横田丈実監督。監督が案内役となり、撮影・録音スタッフと共に七つの家族と個性豊かな遺影写真を訪ね歩きます。
訪問先のご家族が語られるのは、切なくて、ときに微笑ましい遺影写真にまつわる物語。
大切な人と暮らす方、大切な人を失われた方、すべての方に観てほしい「家族の想い」が詰まった作品です。

切なくて、なんだか微笑ましい 「遺影写真」を巡る  ひと夏のドキュメンタリー。

作品解説作品解説

映画に登場する7つの遺影の物語

作品解説

作品解説

映画に登場する7つの遺影の物語

  • 1 ちょっとコワモテだった、自転車屋さんの素顔1 ちょっとコワモテだった、自転車屋さんの素顔

    かつて並松商店街にあった自転車屋さん。少年時代の横田監督もパンク修理で幾度となくお世話になった、ちょっとコワモテなおじさんの遺影は、意外にも—。

    1 ちょっとコワモテだった、自転車屋さんの素顔

  • 2 いかるがから徴兵されていった戦没者の遺影2 いかるがから徴兵されていった戦没者の遺影

    岡本の村に暮らす川口さんのお宅には、立派に額装された戦没者の遺影がありました。若くして戦死された、ご主人のお兄さんが、靖国神社の写真や年表と共に収められています。

    2 いかるがから徴兵されていった戦没者の遺影

  • 3 もうひとつの遺影は"おやっさんの表彰状"3 もうひとつの遺影は"おやっさんの表彰状"

    水田さんのお宅には、戦没者の遺影の隣にもう一人の兵隊さんの写真が。それは、戦争から無事に帰還し、農家を営みながら家族を支えてきた、水田さんのお父さんです。

    3 もうひとつの遺影は"おやっさんの表彰状"

  • 4 生前とちがう髪型になってしまった!ご主人の遺影4 生前とちがう髪型になってしまった!ご主人の遺影

    法隆寺駅からほど近い服部に暮らす木村さん。
    遺影の中のご主人は黒々とした角刈りですが、本当はちがっていたそう。なぜこの髪型になってしまったのでしょう。

    4 生前とちがう髪型になってしまった!ご主人の遺影

  • 5 パステル画で描かれたお祖父さんの遺影5 パステル画で描かれたお祖父さんの遺影

    自然豊かな白石畑。廣田さんのお宅で出会ったのは、珍しいパステル画の遺影。絵師による遺影とは少し趣が異なる、ほのぼのとしたタッチです。

    5 パステル画で描かれたお祖父さんの遺影

  • 6 若くて男前な遺影写真はおばあちゃんの思い入れ6 若くて男前な遺影写真はおばあちゃんの思い入れ

    五丁町に暮らす福田さんのおじいちゃんの遺影写真は、生前におばあちゃんと一緒に選ばれたという、とっておきの一枚。
    なんと遺影を掲げる手伝いをすることになり。

    6 若くて男前な遺影写真はおばあちゃんの思い入れ

  • 7 決して掲げられない遺影息子さんへの想い7 決して掲げられない遺影息子さんへの想い

    平田さんは最愛の息子さんを亡くされました。
    いつまでも高く掲げられないまま、目の前に置かれた遺影。
    そこにあるのは母の想いです。

    7 決して掲げられない遺影息子さんへの想い

監督・スタッフ監督・スタッフ

監督 横田丈実監督 横田丈実監督 横田丈実

1966年奈良県斑鳩町生まれ。
20歳で自主制作した「その夏のどん」がデビュー作。龍谷大学文学部仏教学科在学中より本格的に映画製作を始め、「蝸牛庵の夜」(1992年・53分)が「ぴあフィルムフェスティバル」に入選。その後も斑鳩町のお寺、融通念佛宗浄念寺に暮らしながら映画製作を展開。
FISH BOX 魚箱」「あかりの里」など作風は多岐にわたる。
2013年には死別の哀しみを真正面から描いた「加奈子のこと」を発表。
本作「遺影、夏空に近く」が15本目の作品となる。

横田丈実監督サイトへ横田丈実監督サイトへ

監督インタビュー監督インタビュー

撮影 横山健二撮影 横山健二

録音 横田敬子録音 横田敬子

音楽 島田篤音楽 島田篤

上映案内上映案内

上映日 開始時刻 会場 会場詳細  
2018/11/16(金) 13:00より十夜法要(終了後上映) 融通念佛宗 大念寺 〒572-0814 大阪府寝屋川市堀溝2-9-4 詳しく見る
2018/12/7(金) 19:00 広陵町グリーンパレス
2階講座室
〒635-0821 奈良県北葛城郡広陵町大字笠168番地 詳しく見る
上映日 2018/11/16(金)
開始時刻 13:00より十夜法要(終了後上映)
会場 融通念佛宗 大念寺
会場詳細 〒572-0814 大阪府寝屋川市堀溝2-9-4

詳しく見る

上映日 2018/12/7(金)
開始時刻 19:00
会場 広陵町グリーンパレス
2階講座室
会場詳細 〒635-0821 奈良県北葛城郡広陵町大字笠168番地

詳しく見る

「遺影、夏空に近く」上映カレンダー

あなたの町でも「遺影、夏空に近く」を上映してみませんか?あなたの町でも「遺影、夏空に近く」を上映してみませんか?

もし「遺影、夏空に近く」を上映したい!という方がいらっしゃいましたら是非ご連絡ください。
奈良・京都・大阪など関西近辺の会場でしたら、こちらのスタッフがプロジェクター、スクリーン、スピーカーを持ち込んでの上映が可能です。
ホール・公民館・喫茶店・お寺など場所は問いません。ただし、プロジェクターで映写可能な暗さを保てる施設であるか、音響面で静かな環境であるかなど、環境面で上映不可となる場合がございますのでご了承下さい。関西圏以外の会場や、関西圏でもプロの上映スタッフがおられる場合は、DVDもしくはブルーレイ・ディスクでの貸し出しも受け付けております

上映に関するお問い合わせ上映に関するお問い合わせ

上映レポートはfacebookで更新中です上映レポートはfacebookで更新中です上映レポートはfacebookで更新中です